いったい何を学ぶの?社員研修をする理由3つ!

会社の歴史を学ぶため

多くの会社で行われている社員研修ですが、いったいどのような目的があるのでしょうか。まず一つ目として、会社の歴史を学ぶということが挙げられます。就職活動の際に何となく概要を知ることはあっても、実際に入社してから詳しく知るのとでは大違いです。主に、どのような理念に基づいて会社が作られたのか、そしてどのような目的で進んでいるのかということを学びます。座学が中心となりますので、気楽な雰囲気で研修を受けることが出来ます。

どのような部署があるのかを知る

大きな会社になればなるほど、全ての部署の仕事内容を知るのは困難になってきます。自分がする仕事がどのようにして他の部署と関わりを持つのか、自分はどのような役割を担っているのかということを、大まかに学ぶことが出来ます。座学の場合もありますし、実際に各部署を回って挨拶をし、それぞれの仕事について学ぶ機会が得られる場合もあります。どちらにせよ、実際に自分の仕事に関わってくることですので、真剣に学ぶ必要があります。

基本的なビジネスマナーを学ぶ

続いて、社員研修で行われることの一つに、基本的なビジネスマナーを学ぶということが挙げられます。今まで学生だったことを考えますと、ビジネスマナーを学ぶ機会は皆無だったと言って良いでしょう。ですので、電話の取り方からメールの書き方、そして書類の作り方や挨拶の方法など、ありとあらゆることを学ぶのです。研修中に全てを学ぶことは出来ませんが、基本的なことは教えてくれますので、後は徐々に覚えていくと良いでしょう。

管理職研修とは、昇進して管理職になった人や、管理職になって日が浅い人向けに、部下育成、組織運営、戦略立案など管理職として持つべき視点やスキルを学ぶ研修です。